タイトル [心が伝わる]ビジネスマナーの基本
[心が伝わる] ビジネスマナーの基本
分類 Ⅰ 階層別(経営・マネジメント・マナー・心構え)
1.新入社員  (心構え、ビジネスマナー)
対象層 新入社員 ジャンル ビジネスマナー
No. AD17 時間 90分
制作会社 PHP研究所 製作年 2012
詳細
愛される企業人になるために!
「コミュニケーションが苦手」「自分の主張をうまく伝えられない」……。
そんな若者が増えつつある今だからこそ、 ビジネスマナーとともにその根本にある思いやり、心配りを教える必要があります。
成果が上がりにくく殺伐としがちな職場にあって、 周りと協調し成果を上げるためには、相手に好感をもたれ、信頼される企業人になることが何よりも重要です。
本DVDで、愛される企業人になるためのビジネスマナーをしっかり身につけてください。

特長1.形だけのビジネスマナーではなく、《心》をテーマに思いやりや心くばりの大切さを教えています。
特長2.あいさつ・電話応対など、導入教育で必要な項目を網羅しているだけでなく、仕事をするうえでの土台となる「考え方」を身につけていただける構成になっています。
特長3.各パートごとに視聴できるので、短時間で効率的な教育プログラムを組むことができます。

【Part1】企業人・社会人として働くということ
●仕事を通しての成長
● ビジネスマンの責務は愛されること
●「あの人と仕事がしたい」と思われる人間になる
●組織で仕事をすることの意味
●ビジネスマナーの基本(相手に迷惑をかけない/相手に好感を与える/相手を尊敬する)

【Part2】笑顔・あいさつ・言葉づかい
●ビジネスマナーはコミュニケーションの潤滑油
●形だけのビジネスマナーは慇懃無礼
●心のなかに自分を映す鏡をもつ
●ジョハリの窓――「開放の窓」を大きくする
●新入社員だからこそ「笑顔」で職場に貢献しよう
●あいさつの意味(心をひらいて、相手に近づく) ほか

【Part3】電話の受け方・かけ方の基本
●たかが電話、されど電話(相手の姿は見えない)
●電話応対の4原則(正確/迅速/簡潔/丁寧)
●電話は3コール以内に出る
●相手が聞き取りやすい早さ、口調で話す
●上司の役職の扱い
●名指し人が電話に出られないときの応対 ほか

【Part4】携帯電話・メールの基本
●携帯電話利用時の注意点(通話が切れる/紛失のリスク など)
●携帯電話のポイント(公共の場所は使用をひかえる/移動中や待機中はマナーモードに など)
●電波状態が悪いとき/都合が悪いときにかかってきた/あらためてかけ直す など
●メールの心得(メールは略式の手紙/簡単明瞭を心がける/即開封、即返信 など)
●メールの書き方(会社名・部署名・名前を略さずに/誤字・脱字に注意/添付忘れ など)

【Part5】他社を訪問するときの基本マナー
●訪問準備、アポイントのとり方
●時間に遅刻しそうなときは
●応接室でのマナー
●名刺交換 ほか

【Part6】お客様をお迎えするときの基本マナー
●受付でお客様をお迎えする
●笑顔、明るいあいさつがお客様の緊張を和らげる
●エレベーターのマナー
●上座、下座について
●お茶の出し方 ほか


-