地銀共同化

地銀共同化

 現在、金融業界は急激かつ変化の激しい環境下にあり、限られた経営資源の有効活用として共同化を検討する動きが進んでいます。
 当社では、マーケティングおよびリスク管理の分野で共同化の支援を行っています。

MCIF共同化に伴うEBMモデル開発

 2008年1月、横浜銀行が邦銀初のEBM(イベントベーストマーケティング)に取り組み始めて以降、メガバンクだけでなく、地方銀行においてもEBMの導入が進展しました。
 2013年5月に横浜銀行を含む地銀6行による共同MCIFセンターが稼働し、当社がEBM開発を全面的にバックアップする体制を構築しています(2018年1月現在、計10行の共同事業)。

住宅ローン収益・リスク管理研究会

 2012年10月、住宅ローンの審査および収益管理の分野において、地銀連携による高度化のための研究会を発足しました。
 参加各行のデータを統合して分析を行うことで、自行の特徴や位置付けを明らかにするとともに、今後の与信方針および推進活動の検討にご活用いただいています。