トップページ > 情報セキュリティ基本方針
情報セキュリティ基本方針
当社は、「地域のシンクタンク」として、地域経済、企業の発展に寄与する事を経営方針として、調査、研究、コンサルティング、各種会員サービス事業を展開しています。
  こうした活動において、お客様の大切な情報をお預かりするとともに、当社のノウハウや知識にもとづき、調査報告、コンサルティング、アドバイス等をご提供しています。
  お客様にご満足いただくサービスを展開するためには、過失、事故、犯罪等の脅威から、お客様の情報はもとより、当社の情報資産を保護しなければなりません。
  そこで、全社的な情報セキュリティポリシーと管理体制を構築し、これらを定期的に見直し、継続的に改善することで、より高度なレベルの情報セキュリティの実現をめざします。
  • 契約上のセキュリティ義務はもとより、個人情報保護法をはしめとした事業活動に関連した法令及び規制等を認識し、これを遵守します。
  • リスク評価のための基準及び手順を確立することにより、情報資産の価値及びこれをとりまくリスクを認識し、適正な対策を図ります。
  • 当社役員及び従業員は、情報セキュリティの重要性を認識し、情報セキュリティポリシーを遵守することにより、お客様と当社の情報資産の保護に努めます。
  • 上記のために必要な経営資源を配分するとともに、役員・従業員に対する教育訓練を実施し、必要な能力の維持向上に努めます。
平成29年4月
株式会社浜銀総合研究所
代表取締役 大久保千行