業務管理

業務管理

 金融機関はその性質上、適切な業務管理が必要とされています。
業務全般に関しては、業務プロセスを整理することで、現在抱える事務およびシステム上のリスクを明らかにし、問題事象の発生を管理・抑制していくことが求められます。一方、金融犯罪に対しては、ICカード化や生体認証の導入など物理的な対策と合わせて、不正取引の早期検知による被害抑制に向けた体制の整備が求められます。
 当社では、現状の業務構造を検証することにより、こうした業務管理の高度化・効率化を支援します。

不正利用検知モデルの構築

 クレジットカードやキャッシュカードの不正利用においては、次々と新しい犯罪手法が用いられます。そのため、金融機関はそうした行為に対して迅速に対応していく必要がありますが、一方で過度な検知の仕組みは、正常な取引の障害となる可能性があります。
当社では、高い精度で不正利用を検知するモデルを構築することで、通常取引に負担を与えることなく、被害の発生を抑制していく仕組みを提供します。
(コンサルティング例)
『クレジットカードの不正利用検知モデル構築コンサルティング』  

複数の観点から取引のトランザクションを評価し、不正利用の可能性の高い取引を効率的に検知する判定ロジックを提供します。