病院経営改善

病院経営改善

 少子高齢化による医療・介護ニーズの増加や働き手不足、増加を続ける医療費の削減政策といった厳しい経営環境において、院内外のデータを活用した病院経営の戦略構築やマネジメントの重要性が高まっています。
 また、令和2年度診療報酬改定における重症度、医療・看護必要度の評価方法見直しのように、これまで以上にDPCデータの活用範囲が拡大していくと考えられます。
 当社では、DPCデータなど院内データの分析によって経営課題の解決を支援します。

重症度、医療・看護必要度に関する分析

 重症度、医療・看護必要度(以下、看護必要度)は施設基準に影響する重要な指標であり、令和2年度診療報酬改定ではEFファイルによる評価が必須となりました。これまで以上にデータの精度が問われ、看護必要度に係るデータ分析の重要性が増加しました。
 当社では、データ分析による看護必要度管理の高度化を支援します。
(コンサルティング例)
『看護必要度に関する分析レポートの提供』  

・看護必要度の算出だけでなく、内訳の可視化による重症患者の実態把握が可能な分析レポートを提供します。
・様式1を用いた分析レポートを別途ご用意しています。

診療報酬改定の影響分析、病棟再編などに係るシミュレーション

 2年に一度の診療報酬改定や薬価の見直しなどは、病院の業績に大きな影響を及ぼします。
 また、病棟再編を検討する際、自院の患者の入院経路や平均在院日数などだけでなく、看護必要度の変化なども考慮する必要があります。
 データ分析・シミュレーションによって影響度を定量化し、経営計画策定・経営課題解決を支援します。
(コンサルティング例)
『診療報酬改定による診療報酬のシミュレーション・影響分析』

・診療報酬改定内容をもとに、疾患構成などを踏まえたシミュレーションを実施し、診療科や病棟ごとの影響を可視化します。
・その他、必要に応じて個別分析を行います。