トップページ > 金融機関向けソリューション
 
会員サービスのご案内
情報戦略コンサルティング
業務概要
 Decision-making by Fact - 企業経営においては、勘や経験だけでなく客観的事実に基づく意思決定の重要性が高まっています。特に社内に蓄積されている顧客データは、利用価値が非常に高いにもかかわらず、有効に活用されているケースはまだまだ少ないと言われています。
 情報戦略コンサルティング部では、データマイニングや金融工学といった先進的なデータ分析技術に、実務に根差した業務知識を織り交ぜることで、経営課題の解決に役立つコンサルティングを行います。

コンサルティングの特徴
 当部では、銀行・クレジットカード・リースなどの金融機関を中心に、コンサルティングを展開しています。個人・法人を対象としたリスク管理やマーケティング、および戦略立案の実績があり、データ分析の専門家としてだけでなく、ビジネス全体を見据えたコンサルティングが可能です。

当部のコンサルティングの特徴は、以下のとおりです。
(1) オーダーメイド型のコンサルティング
   お客さまのご要望に応じて、コンサルティングの内容を設計させていただきます。例えば、一般的なコンサルティング形態のほか、アドバイザリー方式を組み合わせるといったことも可能です。
(2) スキルトランスファーの重視
   結果をご提供するだけではなく、データ分析に必要となるスキルやノウハウ(問題設定・分析手法・先進事例など)も、コンサルティングを通じて身に付けることができます。
(3) 一貫した支援体制
   プロジェクトのご提案から終了まで、同じ研究員が担当します。提案内容と実施内容に乖離がなく、要件管理などをスムーズに進めることができます。
 また、次年度などに継続的な対応が必要な場合も、当初担当した研究員が最低1名、引き続きプロジェクトに参加します。

 なお、当部の専門分野の適用範囲は幅広いため、現在では流通・通信・医療・交通などの多方面に、コンサルティングの活動領域は広がっています。
▲ページtopへ戻る


コンサルティング開始までのステップ
電話・メールなどによりお問い合わせください。
当社研究員がお客さまをご訪問し、現状の課題についてヒアリングします。また汎用説明資料などを用いてコンサルティングのご紹介をします。
お客さまの現状・ご要望・ご予算を踏まえて、最適な企画を立案します。
企画内容・スケジュール・費用などをご確認のうえ、正式な契約の締結となります。この際、業務委託契約書とは別に機密保持契約書も締結します。
契約締結の後、今後の方針確認を兼ねて、関係者全員による最初のお打ち合わせを開催します。
 

コンサルティングの実施方法
プロジェクトの運営
   定例ミーティングの開催(月2回程度)を基本として、プロジェクトの進捗を管理します。定例ミーティングには、直接の担当部署の方に加えて、必要に応じて関連部署の方にもご参加をお願いしています。
プロジェクトの体制
お客さまには、以下の点をお願いしています
プロジェクトチームの設置。
データおよび関連資料の準備。

当社の役割は、以下のとおりです。

データ分析・レポート作成・結果報告など、プロジェクトに関する一連の業務。
別途、必要に応じて経営層へのプレゼンテーションを実施いたします。
体制としては、プロジェクトリーダー(副主任研究員以上)1名、プロジェクトメンバー(研究員以上)別途1名以上で構成します。
機密保持
機密保持のため、以下の取組みを行っています。
業務委託契約書とは別に、機密保持契約書を締結します。
データをお預かりする際は、顧客の氏名・住所など個人を特定できる項目は削除してください。
当社内においては、ICカードによる入退室管理を行うとともに、部門専用LANを設置し、社内LANとは独立した管理を行っています。

お問合せ
ご相談はこちらから
株式会社浜銀総合研究所 情報戦略コンサルティング部
TEL: 045-225-2378